失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版 失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版

ソイエならやわ肌ガードでやさしく脱毛

ソイエは毛を抜く脱毛スタイル。ただ、毛抜きと同じようにただ引っ張るだけでは痛みも感じますし、肌にもよくありませんよね。でも、ソイエについているやわ肌ガードがあれば、周辺の肌をソッと押さえて毛を抜くので肌を傷つけるリスクが少なく、痛みもほとんど感じません。ソイエの代名詞でもあった泡脱毛機能はなく、防水仕様ではなくなってしまったので、お風呂場では使えませんが、その分価格がお手頃に。泡脱毛や他の機能はいらないから安く買いたいという人にはおすすめです。短い毛もスッキリ抜けるソイエでアンダーヘアケアを始めましょう!今回はソイエについてご紹介します。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ソイエならやわ肌ガードでやさしく脱毛

ソイエは毛を抜く脱毛スタイル。ただ、毛抜きと同じようにただ引っ張るだけでは痛みも感じますし、肌にもよくありませんよね。でも、ソイエについているやわ肌ガードがあれば、周辺の肌をソッと押さえて毛を抜くので肌を傷つけるリスクが少なく、痛みもほとんど感じません。ソイエの代名詞でもあった泡脱毛機能はなく、防水仕様ではなくなってしまったので、お風呂場では使えませんが、その分価格がお手頃に。泡脱毛や他の機能はいらないから安く買いたいという人にはおすすめです。短い毛もスッキリ抜けるソイエでアンダーヘアケアを始めましょう!今回はソイエについてご紹介します。

ソイエES-WS33

ソイエES-WS33

ソイエはパナソニックから発売されている脱毛器です。毛を抜くことで脱毛を進めていくタイプで、光脱毛のように複雑な機械を使うこともなく、カンタンにお手入れができます
ソイエの人気はそのカワイらしいデザインと色にあります。コンパクトで、電気シェーバーのような形をしているので、洗面台に置いていても違和感がありません。ヘッド部分が広めのアシ・ウデ用と細めのワキ・ビキニライン用の2種類あるので、アンダーヘアをデザインしたいときにも便利
肌を傷つけない「やわ肌ガード」にスピード調整機能、海外でも使える交流式とアンダーヘアケアをする上で必要な機能は揃っています。
現在は生産終了となってしまっている旧式のソイエと比較すると、泡脱毛がなくなったり防水仕様ではなかったりと機能的にはグンとダウンしていますがその分価格が手頃!お風呂でなくてもお手入れできるという人には、ウレシイアイテムです。

ソイエの特徴は「見た目と肌へのやさしさ」

ソイエの特徴は「見た目と肌へのやさしさ」

ソイエといえば、その見た目が注目されることが多い脱毛器です。旧式と比べるとさらにシンプルになって保管もしやすくなったソイエES-WS33。初心者でも使いやすいので、脱毛器デビューにもピッタリです。
見た目は電気シェーバーと似ているので、家族と一緒に住んでいても置いてあるだけでなんとなく恥ずかしい…とうこともありません。コンパクトだから旅行に持っていくこともできます!海外リゾートへ行くときも一緒に持っていけば、現地で水着に合わせてササッと脱毛できちゃうのがウレシイですね。脱毛器ですが、毛を直接抜いていくので処理直後からツルツル肌になります。
また、肌への負担を考えて作られているため、やわ肌ガードとスピード調整でやさしくじっくりとヘアのお手入れ可能。初めてでケアが怖い人でもこれなら安心して処理できます。

ソイエの評判は?

  • ソイエはコンパクトで持ち運びにも困らない

    海外旅行へ行くときに使えると思い購入しました。ハワイが大好きで年に1回必ず行くのですが、アンダーヘアの処理を忘れていると、現地で「これ大丈夫かな」という処理アイテムを買うはめに…。ソイエなら、コンパクトなので持ち運びにも困らないし、交流式で海外でも使えるから便利!あ〜忘れてた〜なんていう友だちにも貸してあげられるからこれから重宝しそうです。(女性 京子 42歳)

  • 不器用な私でもソイエなら使えます♪

    ササッとお手入れしたくて買いました。もともとのソイエはパーツも多くて、そんなに使いこなせないよ…と思って購入を見送っていましたが、これなら不器用で忙しい私でも使えます。お風呂で使えないのは、子どもと一緒に入る私にはなんの問題もなく、トイレで子どもが寝ているときや学校へ行っているときに使って処理しています。防水でなくてもいいけど清潔に保つために水洗いはできるとよかったかなと思います。(女性 志保 37歳)

  • ソイエはササッとお手入れするのに大活躍

    持ち運び用です。急なデートや合コンの前にササッとお手入れするのに大活躍!アンダーヘアまではなかなか外ではできませんが、自宅のトイレでパパっとできるから、朝起きて処理忘れてた〜と気づいたときにもパパっと済ませています。ビキニラインとワキ用の細いヘッドならゆっくりやればそれなりにアンダーヘアを形作れるので、トラッド型とかミニトライアングルとかに挑戦してます。(女性 奈緒 29歳)

  • お手入れ初めにソイエを購入しました

    カレにアンダーヘアお手入れしないの?と言われてしまったのがきっかけでケアアイテムを探していました。でも、やっぱりなんとなく恥ずかしいし、刃を当てるのも怖い…。ソイエなら持っていても見た目がカワイイし、やわ肌ガードで肌にもやさしく毛を抜けると聞いたので、お手入れ初めに購入しました。2回使ってみましたが、痛みはほとんどなく抜けてアンダーヘアもスッキリ。今度は毛をカットできるものを買おうかなと思っています。(女性 和佳 24歳)

ソイエの使い方

STEP 1

ヘッドを装着し、プラグを差し込みます。

STEP 2

スイッチを入れ、脱毛したい箇所に当てます。SOFTとNORMALのどちらかに合わせて処理をしていきます。NORMALで痛みを感じたらSOFTにして様子をみましょう。

STEP 3

脱毛後はスイッチを切って、掃除用ブラシでキレイにしてからしまいます。肌は保湿ケアをしっかりしておきましょう。

ソイエ脱毛器でVラインをキレイに!

パナソニックのソイエは、多くの女性から支持されている家庭用脱毛器です。アンダーヘアに限らず、手足、ワキなど全身に使えるのが魅力。ソイエシリーズの一部には角質ケア機能まで付属しており、非常に汎用性の高い美容機器と言えます。

ただ、アンダーヘアのケアに関してはビキニラインまで…がソイエの守備範囲。Iライン、Oラインといった粘膜付近を脱毛することはできません。これは、ソイエの脱毛方法に由来する問題です。実は、ソイエは毛を両側から挟んで物理的に抜く機構を採用しています。どうしても肌に一定の負担がかかるので、デリケートな粘膜付近には使えないわけです。

また、物理的に抜く…と聞いて想像がつくかもしれませんが、人によっては痛みに耐えられないケースがあるようです。実際、痛みに言及する口コミも少なからず見つかります。人によって痛みの感じ方には差がありますので、毛抜きでの脱毛処理が苦手な方は要注意。

Iラインのむだ毛を処理するのであれば、IラインシェーバーLCオリジナルを用いると良いでしょう。Vラインはソイエ、IラインはIラインシェーバーと使い分けるのもオススメです。シェーバー部分の幅が小さく、よく見えない箇所でもキレイにシェービング可能。深剃りしすぎない特殊刃なので、手探りでも皮膚を傷つける心配はありません。

効果的に、安全にアンダーヘアをケアするなら、部位によってアイテムを使い分けることも重要です。口コミ情報なども比較しながら、自分に合ったケアアイテムを見つけましょう。

おすすめセルフケアグッズ

  

IラインシェーバーLCオリジナル

IラインシェーバーLCオリジナル

アンダーヘアの処理に悩んでいるならIラインシェーバーでスッキリさせませんか?Iラインを整えると下着からもはみ出さなくなり、生理のときのムレも気にならなくなります。初めてでも安心して簡単に使えるIラインシェーバーをご紹介します。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

注目グッズ

新着情報

このカテゴリーの注目記事