失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版 失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版

ハッキリとしたダイヤ型アンダーヘアはかなりアグレッシブ!

Vラインゾーンのヘアをダイヤ型にするスタイルは、まさにアンダーヘアをデザインしたといえる形です。アンダーヘアも遊びゴコロをもって処理したいオシャレ上級者におすすめです。アグレッシブさも感じさせるダイヤ型は、フツウのアンダーヘアでは物足りなくなってきた人にトライしてほしい形。初心者には難しいので、他のスタイルで処理に慣れてから試してみてくださいね。ダイヤ型の形とは一体どんなものなのか?その基本からダイヤ型の作り方、注意点をご紹介します。キレイに作れると満足度も高い、一度見たら忘れられないデザインが気になる人は要チェックです!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ハッキリとしたダイヤ型アンダーヘアはかなりアグレッシブ!

Vラインゾーンのヘアをダイヤ型にするスタイルは、まさにアンダーヘアをデザインしたといえる形です。アンダーヘアも遊びゴコロをもって処理したいオシャレ上級者におすすめです。アグレッシブさも感じさせるダイヤ型は、フツウのアンダーヘアでは物足りなくなってきた人にトライしてほしい形。初心者には難しいので、他のスタイルで処理に慣れてから試してみてくださいね。ダイヤ型の形とは一体どんなものなのか?その基本からダイヤ型の作り方、注意点をご紹介します。キレイに作れると満足度も高い、一度見たら忘れられないデザインが気になる人は要チェックです!

小さなダイヤ型をVラインゾーンに作るアンダーヘアデザイン

小さなダイヤ型をVラインゾーンに作るアンダーヘアデザイン

アンダーヘア全体でダイヤ型にするのではなく、小さなダイヤ型をVラインゾーンに作るのがこのデザインの特長。Iラインに向かって細くなるスタイルなので、VラインだけでなくIライン部分もしっかり処理しておかなければなりません。

全体的にヘアの長さも短くそろえるので、スッキリとはしますがかなり大胆な形。アンダーヘアの処理を楽しめる人でないとためらってしまいそうなほどです。形をうまく作れなかったからといって途中で修正して他の形を目指すこともしにくいので、やると決めたらダイヤ型をキレイに作れるよう力を注がなければなりません。処理を始める前にダイヤ型にする心意気をしっかりもって臨みたいですね。私はVライントリマーと小回りの効くIラインシェーバーと処理箇所によって使い分けていきました。

同じように処理範囲が広く、残るヘアの量が少ないスタイルにワンフィンガーや攻めナチュラルがありますが、デザイン性でいえばダイヤ型の右に出るスタイルはありません。ハート型もカワイイデザインですが、攻めのスタイルとしてはダイヤ型のほうがおすすめ!
デザインにこだわりたい人はやさしいイメージにしたいならハート型、攻めていきたい・楽しみたい人はダイヤ型を選びましょう!

ダイヤ型アンダーヘアは細かい処理の可能なアイテムを選ぶ

ダイヤ型アンダーヘアは細かい処理の可能なアイテムを選ぶ

処理範囲の広いアンダーヘアデザインであるダイヤ型ですが、大雑把に処理していい部分と細かい処理の必要なデザイン性の高い部分とにわけられます。アンダーヘアがどんな状態にあるところからダイヤ型を目指すかにもよりますが、ワイルドな未処理状態からダイヤ型にするときには、1回で完成させるのではなく数日に渡って徐々にダイヤ型を目指していきたいくらい時間がかかるものです。

スクウェア型からダイヤ型にするのがもっともお手軽なコース。それでもどこにダイヤの両端である角をもってくるのかを先に決めて左右の高さを合わせていかなければなりません。

デリケート部分にあたるので高さを揃えたところに油性ペンなどでマーキングするのはNG!できれば型紙や専用のスタイルガイドを使ってどこを処理していくのか一目瞭然で、進めていきましょう。

処理アイテムは、細めのシェーバーとカットに必要なヒートカッターです。シェーバーは幅広のものを無理やり使うと、全てのヘアを剃ってしまってハイジニーナになってしまう可能性があるので幅の細いもので扱いやすいタイプを選びましょう!

ダイヤ型のアンダーヘアは少しの間違いが大失敗の元

ダイヤ型のアンダーヘアは少しの間違いが大失敗の元

形づくりが難しいダイヤ型は、残るヘアが少ないため少しの間違いが大失敗となってしまします。ある程度処理を進めて、あとは形をキレイにするだけの状態で失敗をするとハイジニーナにする以外の選択肢がなくなってしまいます。

むしろ初めてダイヤ型に挑戦するときにはハイジニーナにする覚悟をもっていたほうがいいかもしれません。ゆっくりじっくり処理をして、キレイなダイヤ型を目指しましょう!

また、処理範囲が広いのでアフターケアも大切。デリケートゾーンにも使えるスキンケアアイテムや保湿剤を用意しておき、Iラインのケアにも備えましょう。

「左右の高さを合わせる・ゆっくり処理をしてハイジニーナにならないようにする・アフターケアまでしっかりする」これらの注意点をしっかり守って、アンダーヘアのお手入れを楽しんでくださいね!

ダイヤ型以外のオシャレアンダーヘアデザインはあるの?

遊びゴコロもあってオシャレなダイヤ型のアンダーヘアデザイン。処理の難易度も高く、見た目にもアグレッシブな形なので上級者向けスタイルではありますが、他にもオシャレなデザインはないのかな?と思ったあなたにおすすめなのがアンダーヘア図鑑です。たくさんのアンダーヘアデザインを見ることができ、なかにはダイヤ型以外のオシャレなスタイルも…!もっともっとアンダーヘアのデザインで遊びたいなら一度チェックしてみてください。

アンダーヘアをきれいなダイヤ型にする決め手!『アンダースタイル ガイド

おすすめセルフケアグッズ

  

VライントリマーLCオリジナル

VライントリマーLCオリジナル

アンダーヘアのお手入れアイテムで有名なLCから出ている、はみ出しやチクチクを防ぐヒートカット方式の「VライントリマーLCオリジナル」をご紹介。長さを整えられるアタッチメントを使えば、初心者でもキレイにアンダーヘアを整えることができます。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

注目グッズ

新着情報

このカテゴリーの注目記事