失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版 失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版

毛抜きでアンダーヘアを抜くのは時間も手間もかかって痛い?

根気と時間さえあれば、自宅で手軽にできるムダ毛の処理方法が毛抜きです。1本1本自分で抜いていくため、時間はかかりますが確実に毛がなくなっていくため終わった時には達成感が感じられます。しかし、毛抜きで抜いていくのは「痛い」です。ましてや、アンダーヘアのあるデリケートゾーンならその痛みも倍増。涙を流しながらケアするなんてナンセンスです。それでも毛抜きで抜くのをやめられないという人やこれから挑戦しようと考えている人に、これだけは知っておいてほしい毛抜きでアンダーヘアを整えるときの基本的な知識とメリット・注意点をご紹介します。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

毛抜きでアンダーヘアを抜くのは時間も手間もかかって痛い?

根気と時間さえあれば、自宅で手軽にできるムダ毛の処理方法が毛抜きです。1本1本自分で抜いていくため、時間はかかりますが確実に毛がなくなっていくため終わった時には達成感が感じられます。しかし、毛抜きで抜いていくのは「痛い」です。ましてや、アンダーヘアのあるデリケートゾーンならその痛みも倍増。涙を流しながらケアするなんてナンセンスです。それでも毛抜きで抜くのをやめられないという人やこれから挑戦しようと考えている人に、これだけは知っておいてほしい毛抜きでアンダーヘアを整えるときの基本的な知識とメリット・注意点をご紹介します。

アンダーヘアを自分で抜いていく「毛抜き」の基礎知識

アンダーヘアを自分で抜いていく「毛抜き」の基礎知識

毛抜きとは専用のピンセットなどを用いて1本1本手で抜いていくムダ毛処理方法です。
足や腕とは違い、範囲も広くないアンダーヘアのお手入れならと毛抜きで整える人も多くいるようです。しかし、毛抜きで抜いていくとどうしても痛みを感じますし、毛穴が赤くなるなど肌トラブルを招く可能性もあります。できれば避けておきたいお手入れ方法ではありますが、確実に抜いていくことができ、次の毛が生えてくるまで1カ月近く保てることもあるためやめられない人もいるのではないでしょうか。
毛抜きでムダ毛を抜くと一見肌はキレイになったように見えますが、鳥肌が立っているようにブツブツしてしまっているなら皮膚が傷つけている証拠となります。
毛穴が開いた状態になるため、細菌が入りやすく炎症が起こる可能性もあります。適切なアフターケアや事前のケアをしっかりすることである程度防ぐことはできますが、それを怠ると治療が必要なほどのトラブルに発展することもあるため注意が必要です。

毛抜きで行うアンダーヘア処理のメリット

毛抜きで行うアンダーヘア処理のメリット

アンダーヘアを毛抜きで処理することのメリットは2つあります。

1:太く濃い毛も確実に抜ける
日本人のアンダーヘアは太く濃いことで知られています。
デリケートゾーンなので脱毛器の強いレベルでの照射はできず、脱毛クリームでは効果が薄いことも。そんな丈夫な毛も、毛抜きで抜いてしまえば1発でなくなっていきます。自分の目で見て抜いていくため確実性は言うまでもありません。抜いていくことで達成感を得ることもでき、ピンセットの購入だけなので費用もおさえられます。
2:処理後にチクチクしない
毛を抜いてしまうため、抜いたあとはカミソリで剃ったあとのようにチクチクとした肌触りではなく、ツルツルとしています。毛根から抜いてしまえば次に新しい毛が生えてくるまでの間このツルツルを維持できるため持続性も高いこともポイントです。時間はかかってもこのツルツルを一度体験すると次からは途中でめげずに頑張れるようです。

アンダーヘアを毛抜きで整えたいなら気をつけるべき注意点

アンダーヘアを毛抜きで整えたいなら気をつけるべき注意点

想像しただけでも痛そうな毛抜きでの処理ですが、他にも注意すべきことがあります。3つの注意点を覚えておきましょう

1:涙がでるほど痛い
毛抜きでの処理は1本抜くごとに痛みが伴うため、何本も抜いているうちに自然と涙が出てくるほど痛いことは覚悟しておきましょう。
VIOはデリケートゾーンなので他部位よりも痛みを感じやすい部位です。できるだけ痛みを感じないようにするためには、お風呂などで毛穴を開かせておいたり保湿して毛の滑りをよくしてあげたりといった準備が必要です。それでも無理やり抜くと痛みはあります。
2:埋没毛に注意
埋没毛とは、抜いたときに切れて残った毛が皮膚の中で生えてしまい外に出てこない毛のことです。埋没毛になってそのままにしていると、色素沈着や炎症が起こる可能性があります
途中で毛先が外へ出てきてもそれをまた抜いてしまうと再度埋没毛になってしまう悪循環となりますので、もし埋没毛が増えてしまったらエステやクリニックで処置してもらうようにしましょう。
3:毛穴が開きっぱなしになり炎症になる
毛根ごと毛を抜いてしまうと毛のあった部分に穴があいたような状態になり毛穴が開きっぱなしになってしまいます。目には見えないほどの穴ですが、細菌にとっては大きな穴。そこからさまざまな菌が入り込むと炎症や黒ずみの原因となります。ニキビにもなりやすくなるので注意必要です

アンダーヘアを毛抜きで処理するなら保湿はしっかりと!

できればアンダーヘアはデリケートな部分なので毛抜きでの処理は避けておきたいところですが、もし行うときには前後の保湿ケアをしっかりと行いましょう。そのときに粘膜に近くなるため、低刺激の保湿剤を選び、つけるときには粘膜部分に入り込まないように気をつけることも大切です。毛抜きでの自己処理はできる限り控えていただき、ヒットカッターを使用するようにしましょう。肌に直接触れるわけではないのでお肌への負担は少ないでし、毛先が丸くなるのでチクチク感じることもありません。

毛先を丸くカットできてチクチク感のないおすすめカット方法

  

VライントリマーLCオリジナル

VライントリマーLCラブコスメオリジナル

アンダーヘアのお手入れアイテムで有名なLCから出ている、はみ出しやチクチクを防ぐヒートカット方式の「VライントリマーLCオリジナル」をご紹介。長さを整えられるアタッチメントを使えば、初心者でもキレイにアンダーヘアを整えることができます。

評判や使い方はこちらから

おすすのアンダーヘア用トリートメント

  

シナヤカウォッシュ

シナヤカウォッシュの評判と実力

まだまだ聞き慣れないアンダーヘア用トリートメントのなかでも、効果が期待できると噂の「シナヤカウォッシュ」。堅くゴワゴワな毛質が一般的な日本人のアンダーヘアをふわふわさらさらヘアに変えるシナヤカウォッシュについて詳しくご紹介します。

購入はこちらから

関連記事

注目グッズ

新着情報

このカテゴリーの注目記事