失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版 失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版

見た目もカワイイ家庭用脱毛器でしっかりアンダーヘア脱毛処理

今ではすっかりムダ毛の自己処理方法として根付いている家庭用脱毛器。サロンなどで施術したときのようにキレイに仕上がり、効果の持続性も高いと人気のアイテムです。アンダーヘアにも使える脱毛器なら、全身〜VIO脱毛までバッチリです。でも、効果が高いということは使い方を間違えると肌への負担も大きいということ。ここでは、脱毛器でVIOを処理するときに必要な基本的な知識から、そのメリット・デメリットをご紹介していきます。正しい知識や使用方法を身に付けて、家庭用脱毛器を上手に使えるようになりましょう。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

見た目もカワイイ家庭用脱毛器でしっかりアンダーヘア脱毛処理

今ではすっかりムダ毛の自己処理方法として根付いている家庭用脱毛器。サロンなどで施術したときのようにキレイに仕上がり、効果の持続性も高いと人気のアイテムです。アンダーヘアにも使える脱毛器なら、全身〜VIO脱毛までバッチリです。でも、効果が高いということは使い方を間違えると肌への負担も大きいということ。ここでは、脱毛器でVIOを処理するときに必要な基本的な知識から、そのメリット・デメリットをご紹介していきます。正しい知識や使用方法を身に付けて、家庭用脱毛器を上手に使えるようになりましょう。

家庭用脱毛器を使用してアンダーヘア処理

脱毛器を使用してアンダーヘア処理:基礎知識

家庭用脱毛器とは、ムダ毛へ光を照射して処理していく美容機器で、自宅で手軽にサロンのような仕上がりを期待できる脱毛アイテムです。サロンでの光脱毛と構造は同じで、照射レベルが業務用より弱い小型のものと考えておきましょう。クリニックで施術してもらえるレーザー脱毛が自宅でできる脱毛器もありますが、まだ数としては少なくほとんどのものが光脱毛(フラッシュ脱毛)の機能が備わっているものです。

脱毛器での処理は、光が黒い毛の部分だけに反応するため肌への負担が少ないこともポイントです。VIO脱毛は、デリケートゾーンを処理していくので肌へのダメージも他部位より大きくなります。肌へ刺激を与えない処理方法である脱毛器はアンダーヘア処理におすすめだといえます。

全ての家庭用脱毛器がVIO脱毛に使えるわけではなく、特にIOラインに使える機種は数が少ないです。光脱毛は黒い部分に反応して熱を当てていくため、IOラインに使うには照射レベルを低くするなどの工夫が必要なため専用のものを用意しましょう。

脱毛器でアンダーヘア脱毛処理をするメリット

脱毛器でアンダーヘア脱毛処理をするメリット

デリケートゾーンであるVIO脱毛を家庭用脱毛器で行うメリットは3つあります。

1:肌への負担が少ない

何より肌にやさしいのが大きなメリットです。脱毛器で光を当てて黒い毛の部分だけを処理していくため、肌に刺激を与えずに済みます。熱を感じることもありますが、サロンでの光脱毛よりも照射レベルは低いため、その点では安心して処理できるといえます。

2:効果はサロンなみ

脱毛器の構造自体はサロンでの光脱毛と同じため、サロンで施術したのと同程度の効果を期待できます。照射レベルはサロンより少し弱いといっても、自分で処理していくため、じっくり処理していけばツルツルのVIOラインを目指すことができます。カミソリやシェーバーでは残ってしまう毛もキレイになっていきますし、ワックスで肌を痛めてしまうこともない脱毛器での脱毛は自己処理のなかでもおすすめできる方法です。

3:誰かに見られることなく処理できる

光脱毛をサロンでしてもらうときには、デリケートゾーンをエステティシャンに見られてしまいますが脱毛器であれば誰にも見られず自分で処理できます。恥ずかしくて人に見られたくないが、サロンレベルの仕上がりを目指したいという人におすすめです。

家庭用脱毛器で脱毛処理するときの注意点

アンダーヘア処理を脱毛器で行うときの注意点

メリットの多い脱毛器でのVIO脱毛ですが、光を当てて処理していくため使い方を間違えると肌に負担がかかってしまいます。使用時には4つの注意点をしっかり押さえておきましょう。

1:照射レベルの調整が難しい

太く濃いアンダーヘアには、強めの照射レベルで処理していきたくなりますが、毛質は強くてもデリケートゾーンの肌は弱いため、できるだけ低いレベルにしなければなりません。そのため、なかなか効果を実感できず、照射レベルを高くしすぎて肌トラブルが出てきてしまったりすることがあります。慣れるまでは照射レベルは低めに設定し、ちょっとずつ高くすることで、自分に合ったレベルを見つけるようにしましょう。

2:Vラインの処理には最適

実はIOラインまで使えるものは少ないのが現です。IOに使えるものだったとしても期待しているような効果が得られない可能性があります。しかし、ビキニラインであるV部分の脱毛であれば、多くの脱毛器のなかから選ぶことができるため、どこまで処理をしたいのかを事前にじっくり考えてから購入するようにしてくださいね。

3:本体+カートリッジの価格を見なければならない

サロンに通うよりも費用は安く済みますが、自己処理のなかでは高額になる脱毛器。実は、本体価格だけではなくカートリッジの価格もチェックしておかなければなりません。カートリッジの照射回数が少ないと何個も買わなければなりません。カートリッジが高いと本体が安くても、トータル費用は上がってしまいます。脱毛器は事前に計算しておかなければならない面倒くささはありますが、口コミやレビューを見れば色々と書いてあるので参考にしてみるのもいいでしょう。

アンダーヘア処理用の脱毛器は注意しながら使用しよう

アンダーヘアの脱毛に脱毛器を購入するときには、使える部位や総費用をしっかりチェックして選びましょう。また、使用時は、照射レベルに気をつけ徐々に上げて自分にとって最適なレベルを探していけば、自宅でもサロンなみのキレイな処理ができるようになります。効果も高く肌にもやさしいので、自宅でキレイに仕上げたい人におすすめです。

おすすめの家庭用脱毛器

  

VライントリマーLCオリジナル

VライントリマーLCオリジナル

アンダーヘアのお手入れアイテムで有名なLCから出ている、はみ出しやチクチクを防ぐヒートカット方式の「VライントリマーLCオリジナル」をご紹介。長さを整えられるアタッチメントを使えば、初心者でもキレイにアンダーヘアを整えることができます。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

注目グッズ

新着情報

このカテゴリーの注目記事