失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版 失敗しない!アンダーヘアのお手入れマニュアル決定版

脱毛クリームならアンダーヘアも塗るだけで楽々ケア

塗るだけの脱毛クリームは様々な部位の処理で活躍していますが、見えづらく肌を傷つけてしまいそうなVIO脱毛にもピッタリです。VIOラインの自己処理で心配なのが、見えにくい場所なので肌を傷つけてしまうのではないのかということ。しかし、脱毛クリームならそんな心配が無用なため、人気が高い脱毛方法となっています。ですが脱毛クリームは、太く濃いアンダーヘアでは思ったような効果が得られなかったり、肌と合わなくて痛みや痒みが出てしまうといったこともあります。まずは基本的な脱毛クリームでのVIO脱毛の知識やそのメリット・注意点をしっかり押さえて、適切なケアをしていきましょう。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

脱毛クリームならアンダーヘアも塗るだけで楽々ケア

塗るだけの脱毛クリームは様々な部位の処理で活躍していますが、見えづらく肌を傷つけてしまいそうなVIO脱毛にもピッタリです。VIOラインの自己処理で心配なのが、見えにくい場所なので肌を傷つけてしまうのではないのかということ。しかし、脱毛クリームならそんな心配が無用なため、人気が高い脱毛方法となっています。ですが脱毛クリームは、太く濃いアンダーヘアでは思ったような効果が得られなかったり、肌と合わなくて痛みや痒みが出てしまうといったこともあります。まずは基本的な脱毛クリームでのVIO脱毛の知識やそのメリット・注意点をしっかり押さえて、適切なケアをしていきましょう。

アンダーヘアを脱毛クリームで処理するときに知りたい基礎知識

アンダーヘアを脱毛クリームで処理するときに知りたい基礎知識

そもそも脱毛クリーム(除毛クリーム)とは、ムダ毛を溶かして処理するクリーム状の薬剤です。インターネットやドラッグストアなどで手軽に購入でき、肌を傷つける心配がないことで人気のムダ毛処理方法です。
クリームを肌に直に塗るため、肌へのダメージは大きくなってしまうデメリットもありますが、数分クリームを置いただけでツルツルになるため一度使うとやめられないという人も多くいます。
ただし、VIO脱毛をクリームで行うときには、なるべくアンダーヘア専用のものや肌にやさしいものを選ぶのがポイントとなります。低刺激性のものは、効果も薄いこともあるので、クリームを使う前にアンダーヘアを短くしておくなど準備に時間がかかることは覚えておきましょう。
基本的に脱毛クリームは、肌刺激が強く、粘膜の周辺には使えないものが多いです。VIO脱毛はデリケートゾーンにあり、粘膜に近いため使用の際はよく注意して作業するようにしましょう。また、肌が弱い部分なので、ヒリヒリとした痛みやかゆみを感じる可能性も高くなります。一気に処理するよりも徐々に範囲を広げていくようにしてくださいね。

脱毛クリームでアンダーヘアを処理するメリット

脱毛クリームでアンダーヘアを処理するメリット

VIOを自己処理するときに、脱毛クリームを使うメリットは3つあります。

1:慣れれば広範囲を一気に処理できる

初めのうちは、肌への刺激がどの程度なのか様子を見るため脱毛範囲の端から始め、徐々に範囲を広げていくことをオススメします。慣れてくれば広範囲を一気に処理でき、お手入れ自体をササッと済ませることができるため、寒い冬場のお風呂でも身体が冷え切らずにお手入れ可能です。カミソリやワックスは時間がかかってしまって嫌だという人にピッタリです。

2:刃で肌を傷つけずに済む

カミソリなどを直接デリケートゾーンに当てることなく処理できるため、刃で肌を傷つけてしまうことがありません。VIO脱毛は目視できない部分も多く、鏡を使って見ながら進めても右と左の感覚を間違えて流血してしまうことも…脱毛クリームであれば目視できなくても手の感覚だけで塗り広げていくことができるため特に難しいOラインも上手に処理できます。

3:塗って待つだけ!手軽でカンタン

脱毛クリームは、塗って待って流すだけ、とその手順もカンタンなため、初心者にもおすすめです。なかなかお手入れに時間の取れない忙しい女子にもピッタリな手軽さが脱毛クリームの人気の秘密かもしれません。

脱毛クリームでのアンダーヘアケアの注意点

脱毛クリームでのアンダーヘアケアの注意点

VIO脱毛の自己処理方法としてはカンタンで手軽な脱毛クリームでの処理。肌を傷つけずに済み、時間もかからないため人気もありますが、実は気をつけておかなければならないこともたくさんあります。ここでは、脱毛クリームを使ったアンダーヘア処理で注意すべき4つのポイントをご紹介します。

1:肌へのダメージは大きい

脱毛クリームは、肌へ直接塗って毛を溶かす薬剤なので肌への刺激は強く、注意が必要です。特にVIO脱毛に使う場合には、肌が薄くデリケートな部分なので刺激をより強く感じることもあります。粘膜にも近い部分なので、低刺激性のものを選択するようにしましょう。

2:アレルギー反応が出ることも

肌刺激が強いことで、アレルギー反応が出ることがあります。塗っているのは薬剤なのでその薬が肌に合わない場合、かぶれたり赤みが出たりといった副作用があることも。肌が弱い自覚のある人は、少しずつ様子を見ながら進めていきましょう。

3:効果の持続期間が短い

脱毛クリームは表面の毛を溶かすだけなので、すぐに毛が生えてきてしまいます。ツルツル肌だと感じられるのは1〜2日程度ですが、頻繁に使うと肌によくないので、他の処理方法と併用しながらのお手入れがおすすめです。

4:太く濃いアンダーヘアには効果が薄い可能性アリ

脱毛クリームはあまり高い効果が出てしまうと肌刺激も強くなってしまうため、基本的には産毛程度の毛に効果があるとされています。事前に毛をカットして短くしておくなど、工夫が必要です。

脱毛クリームでのアンダーヘア処理はカンタンだけど注意が必要

手軽にできる脱毛クリームでの処理ですが、肌への刺激や事前のカットなど注意すべき点もあります。カンタンそうだからと気楽に始めようとする前に、「低刺激性のものを選ぶ・準備をしっかりしておく・初めて使うクリームなら様子を見ながら進めていく」というポイントを押さえておきましょう!
もし肌に合わないということであれば、自宅でお手入れできるさまざまなグッズもありますので、色々試してみて自分に合ったアンダーヘアのお手入れ方法を見つけてくださいね。

おすすめセルフケアグッズ

  

VライントリマーLCオリジナル

VライントリマーLCオリジナル

アンダーヘアのお手入れアイテムで有名なLCから出ている、はみ出しやチクチクを防ぐヒートカット方式の「VライントリマーLCオリジナル」をご紹介。長さを整えられるアタッチメントを使えば、初心者でもキレイにアンダーヘアを整えることができます。

評判や使い方はこちらから   

関連記事

注目グッズ

新着情報

このカテゴリーの注目記事